Webマーケティングのフレームワークを使いこなせ!

Webマーケティングと一概にいえども、色々な方法があるのだけれど、
目的は基本的には、一つであることが多い。
それは、”Webを通して何らかの利益・利潤を上げること”である。

私は、個人事業でフリーランスのWeb制作者だが、出来る限り作って
終わりの仕事はしたくないと思っている。5年前ならまだOKだったかもしれない。

今のWEBは、「作って、回して、効果を確認」する時代だと思う。

そこでWebマーケティングについて私が通常踏んでいるフローをまとめておきたい。

1.環境分析(内部分析、外部分析。3Cや4Pをメインに使っています)

2.戦略立案(SWOT分析・ランチャスター戦略・PPMあたりを良く使います)

3.戦術実行(ターゲット・メディア・クリエイティブ・Webフローの中からミックスして実行)

4.効果検証(PV/UU、CPC/CPO、売上・利益分析、知名度分析等々)

マーケティングを進めていく上では、フレームワークを使用しています。
フレームワークを使用することで、早く・正確に・漏れなく検証や企画立案ができるからです。
使用しているフレームワークは、新人ディレクターのころからあまり変わっていませんし、
他の方もあまり大きく変わったものを使用していないのではないでしょうか。
フレームワークは、あくまで道具なのでそれを使って、結局はクライアントにどんな提案を
出せるかが最も重要なことだと思います。

そのためにも、今世の中のWEBサービスが、どういった目的で、何故流行っているのかに対して常に疑問をもち、偏見を持たずに受け入れる姿勢というのが大事なのかと思っています。

群馬のホームページ制作会社 グロウアップ


Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">