商品・サービス紹介に動画はもはや欠かせない


douga2

douga1

上記2つの画像は、上がPHOTOSHOPがどういったニーズで実際に使われているかをAdobeがサイト上で紹介しているページである。また、下の画像は、Adobeのマーケティング部長が自社製品のPRを動画を通して行っている。
キーワードは、「動画」なのである。
上記は、二つともADOBEであるが、昨今のマーケティングに動画を用いる企業は、とても多い。Youtubeの再生回数が過去最高を更新し続けていることからも分かる通り、ニーズがあるのだ。多く人は、もはや文字情報から情報を仕入れるよりも、手軽に動画でサクっと情報を得られることに利便性を感じている。

google

 

上記の画像は、googleの新サービスである、Google+の推奨記事表示サービスについての説明である。ここでも動画、なのである。実際にどのようにGoogle+上で、推奨記事が出るのかを簡潔に動画で見せる事で、よりリアルにイメージが伝わってくる。なるほど、確かに分かりやすいのだ。少なくとも文字と画像を見比べることがあまり得意ではない人にとっては、とても便利なのかもしれない。

大手企業は、どんどんマーケティングに動画を採用しているこの流れであると、中堅・中小企業とその波が波及するのもあと数カ月と言ったところか。1年もすれば、多くの中小企業がWEB上で自社のサービスや商品を動画で発表していくようになるのが目に浮かぶようである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です