集客力アップにすぐできて効果が高い、EFOって知ってますか?


form00

 

集客力アップにすぐできて効果が高い、EFOって知ってますか?

WEBサイトのゴールってなんでしょうか? ずはり、問合せや見積もりを依頼をネット上からもらう事、ですよね。では、あなたのお店や会社の問合せフォームってどうなっていますか? きちんとEFO対策できてますか?
EFOってなんですか? ってかんじですね。SEOなら知っているぞ、という声も聞こえてきそうです。
EFOとはWebサイト入力フォームを利用しやすいよう改善すること。また、そのような改善を行うサービス。「入力フォーム最適化」とも訳される。入力フォームは利用者アンケートや会員登録、オンライン商店での発注などで用いられるが、入力形式が分かりづらいなどの理由で途中であきらめてしまうユーザが一定の割合で発生する。EFOにより入力要素の配置や注意書きなどを改善することにより、登録や発注の意思を持つユーザがあきらめて立ち去ってしまう機会損失を減らすことができる。 「IT用語辞典より」http://e-words.jp/w/EFO.html

つまり、EFOとは、問合せフォームをいかにスムーズに入力してもらうかとういことです。では、本日は代表的なEFO対策を見ていきましょう。

1.問合せフォームは、出来る限り簡素にしよう

 これは、優先順位の第一番目です。入力項目が一つ多くなるたび、必須項目が一つ多くなるたびにフォームからの離脱率が数%ずつ上がっていくと考えておいてください。色々聞きたいのは、わかります。でも、目的は問合せをもらうことですよね。欲張ってしまうと、なにも手にできません。

2.問合せフォームだけでなく、見積フォームや、資料請求フォームを用意しよう

 webサイトにやってきた人の期待値や見込みはまちまちです。すぐ連絡を取りたい人は電話しますし、電話まで行かないが、連絡を取りたければフォーム入力、より詳しい情報収集がしたいひとは、資料請求と興味の段階によって問合せができるようにフォームも複数用意しておくと漏れなく見込み客の情報が手に入ります。まずは、お客様と接点を持つ事が大事です。

3.問合せフォームは、入力の補助機能を付けたり、半角・全角の区別をしないようにしよう

 問合せフォームの途中で、入力が面倒で離脱されることほどもったいない事はありません。サッカーでいえば、どフリーでゴールを外すようなものです。ゴールの障害になるような入力の邪魔になるようなものは極力なくしましょう。

4.入力ミスや必須項目が入力されていない場合は、分かりやすく赤く表示させてあげよう

 せっかく入力してもミスがあって次へ進まない、どこが足らないのかもわからないのでは、あきらめて閉じてしまいますよね。ここが間違っているよ、入力漏れだよといったかしょは、赤字やテキストで表示してあげる事がだいじです。

5.問合せフォームの前に、問い合わせるメリットやよくある質問項目などを掲載して後押ししてあげよう

 こんな簡単なことで問合せしまっていいのかな? まだ軽い興味の段階なんだけどな、とフォームに入力することを躊躇する人もいます。そのような人に、皆さんこんなことを考えていますよと参考の問合せの例を掲載する事は、入力する人のアシストになります。

6.入力するのがめんどくさくなった人が、電話ですぐ問い合わせられるように電話番号をすぐ目に付く場所に記載しておこう

 年齢層が高い方は、フォームに入力するよりも電話しちゃった方が早い、と考える人はおおいです。なので、いつでも電話に切り替えられるように、番号はすぐ目に付くところに置いておきましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です