Facebookグループでお客様との深いコミュニケーションを作ろう


10-facebook-tips-for-power-users-483addba84

集客・販促の事例でのfacebook活用例第二弾となります。今回は、Facebookを運用し始めて、ある程度のファン層がついてきたら、Facebookグループの作成もしてみましょう。

Facebookグループとは・・・特定の友人・知人たちとやりとりしたり、情報を共用したりするときは「グループ」機能がおすすめです。大学の同級生、週末の趣味仲間、会社のプロジェクトチームなどさまざまな仲間内で、近況を伝え合ったり、写真をアップしたり、リンクを共有したりすることができます。
http://f-navigation.jp/manual/function/group.html <facebookナビより>

1.特別感や参加意識をもっていただける

facebookページが誰でも見れる情報だとすると、facebookグループは、非公開設定ができることにより、より内輪向けの情報を提供できる。それがメンバー通しのやり取りを気軽に活発にすることになり、そもそも趣味や興味が近いモノ通しのwebサロンのような感覚を持つようになる。

2.イベント情報等を定期的に送るなど

人数限定のイベント情報や一般公開する前の情報を先にグループに行う事で、優越感や差別化を行う事が出来る。そうする事で、より高いロイヤリティを感じてもらい、より深いファンに。

3.商品やサービスについて意見を聞いてみる

試作品などの情報をグループに投げかける事で、リアルな声を商品やサービスに反映させる事が出来る。これにより、商品化してみたけれど全く反響がなかった、クレームが続出したなどのリスクを大きく下げる事も。

以上、facebookグループのメリットを述べてみた。グループは、気軽に作れるので是非チャレンジしてみてはいかがだろうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です