Google Adwordsを基礎から学ぼうvol1.

imgres

 

Google Adwords広告って、やりたいけれどむずかしいのだろうな・・・そう考えている事業主さんは、多いのではないだろうか。GoogleAdwords広告は、決して難しくはない。もちろん突き詰めていけばいくほど奥が深いのだけど(それはなんでもそうですよね)、入口のハードルは、思っている以上に低く入りやすいもの。今回は、そのGoogleAdwords広告を始めてみようかな・・・と考えている人たちへの基本編となります。

1.Adwords広告の基本であり、もっとも重要な考えである「3つのR」

Adwords広告の基本・基礎であり最も重要で根幹をなすのが、3つのRと言われている考えです。1つめは、Reachリーチです。2つ目は、Relevanceで、関連性です。3つ目は、ROI費用対効果です。この3つがadwored広告の3本の柱となります。では、一つずつ見ていきましょう。

2.Reach リーチ

リーチは、幅広いという概念です。Adwords広告に出稿すると、大きく分けると3つの場所に掲載されます。
1つ目は、PC・モバイルの検索結果です。これは、一番馴染みがあるかと思います。

daieto

 

2つ目は、パートナーサイトといわれる色々なWEBサービス内にAdwordsの広告枠があるので、そこで表示がされます。大体は、メジャーなサイトでトラフィックやPVが多いサイトに掲載されます。

imgres

 

3つ目は、Googleディスプレイネットワーク上(GDN)です。これは、ブログやサイトの一部に広告枠を設けて表示させています。ブログサイトなどをみると比較的右上等に出てくるものがありますが、それです。ここでは、テキスト広告やイメージ広告(画像)、はたまた動画広告と言った範囲までOKとなっています。

gds

3.Relevance 関連性

関連性については、ユーザーが求めている情報と提供している広告とのマッチングです。
”地域””都市””半径”を出稿する際に決めることも可能です。例えば、東京・大阪・名古屋等の大都市圏だけに絞って広告を出したい(都市)。地元の県単位で広告を出したい(都市)。もっと絞って、半径50Kmの商圏のみで良い等(半径)。
このように出稿側で見てほしいユーザーを絞ることで、関連性の高い広告を提供する事が出来ます。ユーザー側にとっては、有益な情報が手に入りますし、広告主側でもホットな顧客にリーチできます。それによって宣伝効果を高めていく事が可能になります。

4.ROI 費用対効果

費用対効果は、Adwordsでは非常に詳細に把握ができます。
Adworedsの課金方法は、3つあります。
①CPM インプレッション数  表示回数によって金額が発生します。ブランディング等に有効。
②CPC クリック数       一般的な課金方法です。その広告をクリックした際にいくらという形で課金されます。
③CPA コンバージョン数  実際にユーザーが行動を起こした際、問い合わせをしたサンプルを取り寄せた等。

最も多いのは、CPC広告です。インプレッションは、ディスプレイネットワークでのみに限定されています。なので、クリックされなければ金額が発生しませんので、費用対効果も明確になります。

以上、VOL1.としてAdowords広告の基本である3つのRを見てきましたが、参考になりましたでしょうか。
次回は、費用に関する内容としての広告ランクと上限CPCいう概念について説明いたします。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>