スマートフォンの普及率と利用状況を調べてみた

hdy_s

スマートフォン時代と言われている昨今ですが、実際の数値で見るとどのようになっているのか? そこを調査してみました。

  • スマートフォンの普及率・保有率について博報堂の調査によると55.2%を超え
    前年から比較して7%アップ(2013年48.2%)という数字です。2013年から1年で大幅に伸びています。これは、docomoからiphoneが発売された影響があるのでしょう。この勢いだと今年は10%ぐらい上がるかもしれません。
  • 年代別で見ると10代20代8割を超える
  • 性別で比較すると、男性が50.1%で女性が58.9%とこちらは約9%近く女性
    やはり女性の方がスマートフォンを支持していえそうです。流行感度の違いといえそうです。
  • 地域別では、関東がトップ、四国地方が最下位。

 

n2203051

●スマートフォンはインターネット利用が第一目的

総務省が、毎年発表している「インターネットの世代別個人利用の状況(平成23年末)」を見ると、携帯電話とスマートフォンのインターネットの利用頻度の比較は、スマートフォンの方が利用率が20%以上も高いようです。携帯電話は、通話目的で使われていましたが、スマホは、ネット利用のデバイスと言えそうです。

●目的別の利用率では、メールがTOP、続いてSNS。動画の伸びも顕著に。
利用別では、メールの利用率が携帯・スマホともほぼ同数程度です。ただ、第二位のソーシャルメディアの利用に関してはスマートフォンの方が携帯を大きく引き離しています。ここら辺は、LineやFacebookと言えるでしょう。
次に動画サイトの閲覧。これもスマホ利用の大きな特長と言えます。またその他商品・サービスの購入も大きく利用率が伸びています。EC系の楽天やアマゾンを代表としてスマートフォンでモノを購入する事が当たり前の時代になってきていると言えそうです。

スマートフォンの普及率は、ますます伸びて行くというのは、間違いありませんが。それに伴いインターネットの利用方法や目的も携帯と比べて大分変化してきています。
特徴的なのは、SNSや動画、そしてECと言えます。今後新しい商品・サービスの普及においては、その点を意識した展開を行って行く事が、ますます重要になってくると思われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>