明日から語れるDMP講座


ここ数年、インターネット広告業界界隈でフューチャーされているDMPですが、
「ああ、DMPね、あれやるよね。来るよね」(ほんとは、意味知らない)
という方もいらっしゃると思いますので、明日から語れるDMP講座を始めたいと思います。

1.DMPとは何ですか?

まずDMPとは、「でぃー・えむ・ぴー」と読みます。
英語が3つで読みやすいです。正式名称は、データ・マネージメント・プラットフォームといいます。
それで、そのDMPとはなにかっていうと、みんながインターネットを使って、
・物を買ったり(楽天とかアマゾンとか)
・なにかのホームページを利用したり(COOKPADとか)
・例えば動画を見たり(YouTubeやニコ動とか)
・面白い文章を読んだり(ロケットニュースとか)
そのようなみんながインターネットの中で取った行動をまとめて保存しておいて、
保管しましょうという箱のようなものです。
 つまり”みんなの興味・趣味・志向を集めたデータの箱”ということ。

2.DMPで何ができるのか?

 では、そういった箱があることで何ができるかというと、
 それは、「人に焦点を当てた広告が送れる」という事です。
 例えば音楽好きなA君が好きなミュージシャンの新曲をインターネットで買ったとする。
 音楽を販売している会社は、A君と同じ音楽を買った人たちやA君と年齢が近い人が買っている別の音楽をA君にそれとなく進める事ができる。
 A君は、そのような情報を見る事で、それまで知らなかったけど好きな音楽を知る事が出来る。
 販売する会社としても、A君が気に入ってくれて買ってくれればそれだけお金が入ってくる。非常に理にかなった販売方法です。それが、DMPを利用した一つの例です。

3.実は2つの意味があるDMP

 
 ここまでみてきて、DMPが広告に使われるのは何となく無かってもらえたかと思います。
 でも注意してほしいのが、DMP=広告配信だけに使われるということではないです。
 今のDMPは大きく2つの意味で使われています。

 1つは、「オープンDMP」と言われるもので、これは、広告配信目的に使われる仕組みのことです。
 インターネット利用者のデータを集める事を専門として会社があって、たとえば広告配信会社や媒体社等がそれにあたる。その会社はみんなのインターネット上での行動を網羅してまとめていて、SNS(LINEやFacebook)やホームページの閲覧履歴、そしてどこに住んでいて・どのような生活をしているかなどの情報、属性情報というけれど、そのようなものを集めて、自分たちの広告販売に利用していきます。

 もう1つは、一般の会社でもDMPを使おう! という意識が広がってきています。
 これを、「プライベートDMP」と言います。
 さきほどのの例で言うと音楽の販売会社・CDショップとかだとわかりやすいかもしれません。
 通常そういった会社は、まず会員情報を持っています。そして次にお客さんごとの買ったCDの購入情報(POSデータ)を持っている。その情報、年齢・性別・住所・仕事等々を分析してどんな商品がどれだけ売れるのかを予測して売上拡大に利用しています。そしてその会社がインターネットでも販売しているなら、インターネット上での情報、どのページが見られているとか、どの音楽がどの年代によく売れているとかの情報もある。実際の購入履歴だけでなく、アクセス履歴もここに入ります。

 さらに、広告配信のデータや、DMやチラシ、CM等も行っていれば、そのようなマーケティングデータもあります。
 このようなデータを総称してビッグデータと言い、会社は、このビッグデータを有効活用したい。
 そのための仕組み・基盤としてDMPを自社で持ちたいとしています。

 adtech_dmp1
デジタルマーケティングLABO様より引用 http://dmlab.jp/adtech/dmp.html

 補足になりますが、DMPやビッグデータは、広告利用のためだけではないです。そこには、新しい商品開発のアイデアだったり、サービス改善の気づきだったり、自社のホームページの改善だったり、よりOne to Oneのメール配信だったりする。その利用方法は、とても広い。

 ただ、大事なのは、情報はあくまで情報でしかなく、その中から実際に自分たちの商品・サービスに適したデータをいかに選別してグループ分けして、どのように情報を出して行く事に繋げて行くかっていうことが重要になってきています。
 例えば、甘いお菓子を買った人が、それは贈り物で本人は辛いお菓子が好き。そこに甘いお菓子の情報を送っても見向きもされません。情報をしっかり見極めて、その人が本当は何に興味があるのかを判断すること、それがこれからは大事になります。

 ともかくDMPというのは、まだまだ始まったばかりだけれど、利用者側としては自分だけでは出会えなかった出会いに繋がるチャンスがある事でもあるので、楽しみな技術と言えます。
 以上、明日から語れるDMP講座でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です