デザイン思考によるイノベーションステップについて

ホワイトカラー・ブルーカラーという従来の枠組みがもはや機能しなくなり、 これからの新しい働き方の一つの定義としてクリエイティブレイヤーと言われるものが出てくる。 クリエイティブレイヤーとは、その名の通り新しい価値を生み出す人たちのことだ。

クリエイティブレイヤーが、身に付けるべき最も重要な武器は、「デザイン思考」である。

デザイン思考とセット語られることの多い、イノベーションというキーワード。 「革新」である。

デザイン思考をもとに革新を提供し続ける企業といえば、IDEOが挙げられるだろう。

デザイン思考とは、一言で行ってしまえば「顧客視点である」 そして、イノベーションとは技術革新のことではなく「新しい価値体験の創造である」

では、どうやって顧客視点から新しい価値を創造するのか、 ここでは、日本でも活躍するZIBAのデザインプロセスを紹介したい。

ZIBA TOKYO

ZIBAのクリエイティブステップとは、「ブランドとユーザーをストーリーで繋ぐ」ことである。 ZIBA design step

ステップとしては、

  1. ・経営のテーマを知る
  2. ・課題を抽出する
  3. ・問いを共有する
  4. ・タッチポイントを考える

そこを取り巻くものとして考えるべきは、ブランドであり、コンセプトであり、 ユーザーである。そしてプラスアルファとしてのトレンドが存在する。

あれもこれもと付け足してくのではなく、「やらないことを決める勇気=哲学」である。

その哲学を突き詰めていくことで感動体験の提供へと繋がっていくものだと考える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>