AI(えーあい)AI(えーあい)って結局なんなの?


robot-2167836_1280
猫も杓子もAIの時代に入ってまいりました。
AIとの付き合いは、これからますます親密にそして加速していくことでしょうか。
では、そのAIって結局なんなの? ということを考えていきたい。

AIとは、目的に向かって、自分で考えて答えを出すコンピュータとその機能。しかも成長する。
つまりこれだということです。その中で、特に「自分で考えて答えを出す」能力が飛躍的に
上がったことがAIの進化の特徴と言えます。

AIの技術は、「機械学習」と「深層学習」

AIの発展は、マシンラーニング(機械学習)とディープラーニング(深層学習)という2つの技術と言われています。
機械学習は、特定の目的に対して最適解を出すことに特化した技術です。経路案内とかがそうですね。
それにしたい深層学習とは、人間のセンスや感覚までも判断できるようになる技術です。
この非常に複雑な問題までを処理できるようになることで人材のマッチング等でその人のポテンシャルや
将来性がわかるようになることもあります。

AIが発展することで失われる職種

20年後には、80%の仕事がなくなると言われている中で、特に事務処理系の仕事はAIに変わられるでしょう。
レポートをまとめておいてくれ、経理処理をしてくれなどは全てAIで正確に早く対応してくれるからです。
逆になくならない職業は、ホスピタリティ、クリテイィブ、マネジメント系と言われています。
医療業界の特に介護事業でもAIは大きく関わってくると言われています。
2040年に4000万人が高齢者になる日本では、高齢者の健康や行政についてもAIが
密接に関わってくると言われます。

AIが未来を予測する

AIは、未来予測を行うことが一つの大きな機能とも言われています。
医療の未来でもウェアラブルにAIを活用することによりビッグデータを解析し、
人体の体調を管理することにより健康状態を予測することも可能になる。
農業の中でもそれは活用されており、経験豊かな農業者の思考をAIに学習させることにより
収穫予想や生産性の向上に寄与できると考えられている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です