ビットコインは何がすごいの?


1.ビットコインは何がすごいのか

 ビットコインについて2018年1月時点でかなり一般の人にも浸透してきたと考える。
まずビットコインとは何か? という点だが、ポイントを絞ってみてみたい。

  • ・仮想通貨である
  • ・ビットコイン自体に価値は無い
  • ・ビットコインは、貨幣のような中央管理を行わない
  • ・取引についてはブロックチェーン技術が使われている
  • ・ブロックチェーンとは分散型ネットワーク管理である。
  • ・ビットコインの取引は、全て履歴管理されていてデータを確認できるため改ざんされにくい。
  • ・ビットコインは、技術的な信用価値とも言える。
  • ・ビットコインは、2,100万BTCと上限数が決まっている。
  • ・ビットコインは、蓄財ではなく投機と言える。
  • ・ビットコインは、貨幣に取って代わる可能性もあると一部では考えれている。

と色々ビットコインについては、特筆すべきことが多い。

その本質的な価値は、いったいどこにあるのか? という点では中央管理ではなく分散管理、
そしてそれぞれが貨幣(コイン)を生み出すことができるということである。
つまり、貨幣管理という国家の最重要事項を個人で行うことができる、これによって
ビットコインを元とした経済圏を構築することも可能であるということです。

2.ビットコインはバブルか?

 ビットコインについて昨今「何百倍上がった」「〇〇百万儲けた!」というような声が上がっています。
これについての議論の中心は、ビットコインを投資商品(投機)と考えている人になります。
ビットコインについては、かつてのチューリップバブルと同じ動きをしているという識者も多く、
突然一気に値下がりすることを指摘しています。
 おそらくそうなるのでしょうが、ビットコイン自体がそもそもなんなのか? ということを知らずして
儲かりそうという基準で、株も証券もやっていないまったくの素人が保険を解約してまで購入している
今バブルと言わずしてなんと言おうというところだと考えます。
 素人が、世間で噂をし始めたらバブルの終わりの始まりだということばもあるようです。

3.ビットコインの今後について

ビットコインについての今後については、「証券化」と「貨幣化」という2つがキーワードになりそうです。

証券化というのは、個人の持っている価値やスキルを交換しそれをビットコインで管理するという
サービスが出始めています。
貨幣化については、リアルマネーの代替にはなりえないという論調がいまのところ強いですが、
ビットコインを中心として新しい価値交換方式のベースになっていく可能性は考えれています。
この辺りは、まだまだ色々変化していくところかと思いますので、社会の中でどのように変わって
いくのかを見てみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です