Google Adwordsを基礎から学ぼうvol2.

前回のGoogle Adwordsを基礎から学ぼうvol1を書いてから3週間ほど時間が空いてしまいましたが、Vol2になります。VOL1.では、Adowords広告の基本である3つのRを見てきましたが、今回は費用に関する内容としての広告ランクと上限CPCいう概念について説明いたします。

1.GoogleAdwordsの費用は、CPC 【 Cost Per Click 】が基本。クリックされると費用が発生。

Adwords広告の費用は、クリック1回につき○○円が基本です。そしてその費用については、キーワードによっても変わります。Adwords広告の利点は、とにかく狙ったキーワードで上位に表示されること、ですよね。一般的な検索(自然検索)よりもAdwordsの枠は、上に来ているので、せっかくお金を出すのであれば1番を狙いたい。まずAdwordsの順位は、【入札】で決まります。では、一番高い金額をかけた人が1位になるか? と言えば、そうではありません。金額と他の要素が絡んで順位が決定します。

illust_cpc1

2.Adwordsの順位を決める際に重要視される「広告ランク」とは?

 まずAdwordsのキーワードの順位の決定については、以下に規定されます。

「検索が行われるたびに、広告ランクの入札が行われる」

  ①広告ランク=上限クリック単価×品質スコア

  ②品質スコア=広告の関連性+クリック率※+LPの品質

  ※クリック率=クリック数/表示回数 

ここで重要な指標は、品質スコアです。
品質スコアは3つの要素からなっていまして、まず1つ目の広告の関連性ですが、これは入札するキーワードと実際のLP(WEBサイト)との関連性が高いか低いかという判断がされます。例えば”リフォーム”というキーワードを入札していた際に、実際のリンク先のページが新築の情報であったりした場合は、関連性が低いと判断されます。
2つ目のクリック率ですが、これは表示された回数に対してどれだけクリックされているかということです。これは、過去のデータから自動的に算出されます。
3つ目のLPの品質ですが、1つめの広告の関連性に近いのですが、リンク先のページがきっちりとキーワードに関連した情報量が多く載っているかどうか、という点で評価が変わってきます。

以上3つの条件から、入札したキーワードに対する品質スコアというのが決まります。10段階評価で、最高が10で最低が1となります。この品質スコアが高いと、入札金額が決して高くなくても上位表示されます。また、逆に品質スコアが低いと、たとえ高額な金額で入札をかけても上位表示されないということもあります。

①1,000円(上限CPC)×2(品質スコア)=2,000(広告ランク)

②500円(上限CPC)×6(品質スコア)=3,000(広告ランク)

このように、入札単価が500円と1,000円とあっても、品質スコア次第で金額が半分でも広告ランクが高くなる場合があります。

3.上限クリック単価(上限CPC)と実際のクリック単価(CPC)について

 上限クリック単価とは、1回のクリックで支払う金額の事です。ただし、実際に支払うクリック単価は、上限CPCになることはほとんどありません。実際には、下のランクしているCPC単価より1円高い金額という形となります。

 

以上、Adwordsの費用面を見てきましたが、お金を出せば必ずしも上位表示されないというところがGoogleらしいです。GoogleAdwordsの考え方として「広告を情報としてユーザーに届ける」ということがありますので、上位を狙うに当たっては、やはりサイトそのものをしっかりとキーワードとリンクするように作る、ということも重要になります。

 

100円ドリップコーヒーで新たな顧客層を狙うセブンイレブン

images-1

ここ最近のセブンイレブン”ドリップコーヒーを推し”がすごいぞ!
皆さんも見た事が多いのではないでしょうか、入り口にドリップコーヒー100円! と書いてあり、レジの隣にコーヒーマシーンがおいてある光景を。これがどのセブンイレブンに言っても、コーヒー推しなのである。最初何故セブンイレブンは、そんなにコーヒーにこだわるのかとても不思議だった。正直そこまで利益に繋がる商品にも思えない、価格だって100円だ。原価がどれぐらいか知らないが、そもそもそれほどセブンイレブンでコーヒーがたくさん出るとは思わない。では、何故セブンイレブンは、これだけコーヒーに力を入れているのだろうか? その答えが分かったのは、コーヒーを買っている人を実際に見たときだった。

1.高齢者層を狙う為の戦略商品であるコーヒー

 実際にコーヒーを買っていたのは、60歳前後の夫婦であった。身なりもそれなりであり、雰囲気からは時間とお金の余裕が伺える。セブンイレブンでのドリップコーヒーは初めてなのだろう、不慣れな手つきでコーヒーをセットして、ミルクやシロップを入れていたが、それを終えるといささか嬉しそうに店を出て行った。

 そうなのである、ドリップコーヒーは出来るまでに数十秒時間がかかる。それだけでビジネスマンは、ターゲットとしてふさわしくない。ターゲットとしているのは、時間にある程度余裕をもっていてなおかつ質の良いものを求めている層、つまり高齢者だった! そこで全てが分かった。コンビニ各社は、高齢者の取り込みに力を入れている。商品ラインナップも変わっていて、総菜コーナーが増えていたり、ほっとスナックと言われる調理商品もメンチカツやコロッケ、時には手羽先などおかず系が増えてきている。成熟したコンビニ業界でまだ未開のマーケットは、高齢者なのである。これをいかに獲得するか、お見せにきてもらうか問い点で生まれたのが、ドリップコーヒーだったのである。

 

2.マックのコーヒー無料と基本戦略は同じ

 

 朝マックのコーヒー無料のCMを見た事がある人も多いと思う。あの目的は、サラリーマン層の呼び込みである。マックの主力客は、女性・学生・家族連れが大半を占めている。そこで、サラリーマンの台所である牛丼店に対抗する意味でマックはコーヒー無料戦略に出たのである。サラリーマンは、コーヒー好きである。そのコーヒーをもって牛丼店の牙城に食い込もうとしている。

 

3.呼び込み商品を用意してみよう

 

 店舗やサービスでもそうであるが、実際に利用してもらえば良さをわかってもらえると考えているところは多い。だが、お客はなかなか新しいことには手を出さない。だからこそ自分の商売とは多少関連性が薄くても、ターゲットとしたい顧客層が求めるものを呼び込み商品やサービスとしてフロントに持ってくる。そうすることで、あなたの本命の商品やサービスを利用してもらえる率は格段に上がるのである。

 

オウンドメディアが腹落ちした瞬間。オウンドメディアとはコミュニティ構築だ!

スクリーンショット 2013-07-07 10.23.26

マーケティングの手法として今、注目をあつめているオウンドメディア。オウンド=自分の メディアを作るという事ですので、なんとなく言葉からもイメージしやすいので今までなんとなく分かったつもりになっていました。でも、いざオウンドメディアを構築するぞ! と息まいて見ても、とりあえずバズられるような記事とかを用意しておけばいいんでしょ?  とりあえずブログは、必須ですよね! と言っておりましたが、なんとなくそれって別に昔からあるよな・・・と感じていました。オウンドメディアって名前がついただけで手法自体に目新しさは、ないのかな? ともんもんとしていた日々。そんな中、オウンドメディアの第一人者のインフォバーンの小林氏の一言で、全てが腹落ちしてしまった。

オウンドメディアとはコミニティ構築である

「オウンドメディア戦略15年、企業のメディア化戦略の仕掛人インフォバーン 小林氏が明かす戦術」http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/06/13/15265

そっか〜!

オウンドメディアは、いままでとにかく自社サイトや自社のブランディングサイトや商材・サービスのブランディングサイトの情報提供を行う事、それも顧客目線で! となんとなく考えていただけれど、それもそうなのだけれど、それって結構一方通行的で重要なのは、

企業と顧客の間で対話を生み出すことが大事

ということですね。つまり、企業内という実際は、外側からしか見えないものをもっとオープンにして、どんどん公開して行きましょうという事に繋がって行くんですね。情報を公開する事で、その情報を知りたい人、ロングテールにリーチして、それが他社には、ない強みを生み出して行くというスパイラスに入っていくということですね!

是非オウンドメディア、活用して行きましょう!

やっぱり口コミって最強?

やっぱり口コミって最強の販促ツールではないでしょうか? と最近は、特に思うようになってきています。まあ、改めて言う事もなくて、昔からそれって言われていますよね。
それは、WEBが普及する前からずっとそう。CMでもDMでもメールでもはがきでもチラシでもラジオでも新聞でも、そこに情報を掲載するの動機は話題を作りたいから。つまりそれって、いかに人々の話題になるかってことであり、つまるところ口コミを生み出すってことですよね。さて、今回は、そんな口コミを生み出すWEBサービスについて紹介していきますよ。

1.ショッピング系でブログからの口コミを巻き起こすーモニプラの利用ー

スクリーンショット 2013-07-05 19.38.44SMM(ソーシャルメディアマーケティングラボ)http://smmlab.aainc.co.jp/?p=21583&utm_source=feedly でも書かれたけれど、ショッピングサイトって実際の利用者の口コミがとっても大事ですよね。やっぱり直接試せない・食べられない・サイズもわからない等、視覚からの情報からしか分からない状態でモノを買う事ってやっぱり怖い! ですよね。どこでも売っているようなメジャーなものであれば、いいですけれど、ネット通販専門商品とか、実際に店舗がないところは、いかに商品のリアルなところを伝えるのかが非常に大事。だからこそのモニターさんを利用しての口コミってすごく有効なんですよね。実際に利用した感想が乗っているだけで安心するから、良い・悪いも含めてそれがきっかけに口コミが広がってことがすごくありますよね。

2.一生に一回だからこそ失敗したくない! ー結婚式場の口コミサイトwedding parkー

スクリーンショット 2013-07-05 19.38.29

 結婚式上の口コミサイトなら日本で一番の情報量をもっているwedding Park。やっぱり一緒に一度しかない(二度・三度ある人も)経験だから失敗したくないし、最高の式にしたい。だって私がシンデレラになる日だから・・・。結婚式場は、実際に挙げる人も参列したひとも以外に口コミしやすいということも。感動をシェアしたい、という思いが口コミに繋がるし、参加する人も当然多くなるし、次は自分もと思っている人は、口コミを書いてみようかなとも思うもの。人生の最大のイベントにも口コミは大事ですよね。

3.俺が、私が、このお店を応援するんだからっ!!ー食べログ、30minー

 皆さんご存知ですよね! よく利用する人も多いかと思います。食べログと30minです。やっぱり食べ物と言えば、口コミ。口コミと言えば食べログ、と言えるほど超有名なサイトです。では、なんで食べログってここまで使われているのでしょう。一つは、おいしいものを食べたいということですけど、口コミを書いている人の中には、自分が気に入ったお店を多くの人に知ってもらいたい! という気持ちを持っている人がいます。そして、お店が流行ることって、そういったお店を盛り上げてくれるサポーターがどれだけいるか? ということが大事だったりします。

 

以上口コミについて3つのサイトをもとに見てきました。口コミを生み出す為に店舗や企業も是非、いろいろなサービスを積極的に活用することでファンの皆さんへの情報提供・口コミを生み出す場所を提供してみてはいかがでしょうか。