自動運転技術がマーケティングに持たらすもの

自動運転技術は、確実に進化しそしてやってくる未来となった。

2020年を目標に日本でも自動運転を開始すると政府は目標を立てておりほぼ実現するだろうと言われている。
現在すでに追従型オートクルーズや自動ブレーキなどは商用化の段階まで進んでいるし、日産自動車は完全自動運転
の車のナンバープレートを取得した。(つまり国が公道を走って良いと認めたのだ)
海外ではベンツは、すでの100万km以上自動運転で無事故である。

自動運転で変わるもの

自動運転がもたらすものは、多くのメリットである。
・事故率が大幅に減少する
・渋滞が大幅に緩和される
・車の所有形態が変化してカーシェアがより広がっていく
・流通業の変化。トラックやタクシーのドライバーが不要もしくは、大幅に削減される。宅配等も無人で家に物が届けられ、
アプリの通知機能でお知らせをする等が当たり前に。ピザのデリバリーも無人になる。
・土地有効活用。人が運転しなくなった分駐車場の数も少なくでき、都心では25%もの駐車スペースの削減の見通しもある。
・また車が事故を起こさないことによる修理費用の減少、医療費の減少も上がられる。

車の中で我々は何をするのか?

無人運転になった時、その時間の活用は常に企業にとってのビジネスチャンスである。
無人タクシーやバスは当然その間広告等を流すであるし、有料のコンテンツ提供につなげることもできる。
また、運転そのものがなく事故も起きなければシートベルトの必要さえないので、移動空間でフィットネスや
ビジネススキルのレッスン、もちろん映画や音楽・ゲームなどコンテンツビジネスも入ってくる。
自動運転で我々が手にするものは、安全・快適な移動よりもむしろ、そこで選択できる時間にこそ価値があるのだと言える。

シェアリングエコノミーが変えるものは、信頼と共感の社会システムだ

シャアリングエコノミーが話題である。

シェリングエコノミーというとなにやら難しく聞こえる。
メルカリが流行っている、ビットコインのニュースが連日流れる、街中にレンタルサイクルやカーシェアの看板が増える。
みんなシェアリングエコノミーである。

シェアリングエコノミーとは

「シェアリング・エコノミー」とは、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスであり、貸主は遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができるというメリットがある。貸し借りが成立するためには信頼関係の担保が必要であるが、そのためにソーシャルメディアの特性である情報交換に基づく緩やかなコミュニティの機能を活用することができる。シェアリング・エコノミーはシリコンバレーを起点にグローバルに成長してきた。PwCによると、2013年に約150億ドルの市場規模が2025年には約3,350億ドル規模に成長する見込みである
(総務省情報通信白書 平成27年版)

シャアリングエコノミーは5つの分野に別れる

1.場所のシェア
 私は、最近になってよく使うのが、レンタル会議室である。しかも普通の会社の会議室やマンションの一部屋をアプリで予約して、時間にって使って帰るだけ。お金はクレジット払い。しかも1時間300円とか。昔のレンタル会議室の会社に電話予約して1日数万円取られるような世界は終わったなと思う。 
 Airbnbが世界中で話題であるし、日本でも民泊が広がっていくだろう。そこには企業の洗練されたサービスではなく、現地の人と直接一緒に過ごす体験そのものに価値を見出している。

2.移動のシェア
 今話題の社会実験として、乗り合いタクシーがあげられるが、これもシェアリングエコノミーである。 
 また、docomo等が運営しているレンタルサイクルやカーシェアもそうである。
 レンタルサイクルの仕組みは、ポイントは乗捨てにできること。鍵の施錠開錠や場所もデジタルで管理されている。
 Uberがもっとも世界で有名な移動のシェアリングエコノミーであろう。タクシーの空いている時間をアプリ連携させ、人とのサービサー(タクシー)をマッチクングさせている。
 デジタルの仕組みがあればこその普及である。

3.モノのシェア
 代表選手はメルカリであろう。またメチャカリもそうであるし、家電の貸借りも最近では出てきている。

4.時間・スキルのシェア
 自分の得意なものを求めている人へシャアするものとして、coconalaやtimebank等のサービスが出てきている。 

5.リソースのシェア
 個人融資や印刷機械のシェアを行うラクスルなどが普及している。

シャアリングエコノミーを支える価値

シャアリングエコノミーは、今後ますます拡大していくだろう。
そこでポイントとなるのが、「信頼」「親愛」「共感」である。
例えば、レビューの数やレビューの内容が良い人やサービスが価値を高めていく社会になっていく。
人間同士のつながりの中での本質的な価値が経済社会の中でも重要な位置付けをしてていくようになる。
シェアリングエコノミーは、社会経済の価値基準を変えていく流れである。

チャットボット×AIが担うユーザー体験

チャットボットを使われたことがあるだろうか?
最近では、WEBサービスの利用している中で「何かお困りのことはありませんか?」などと
いきなり聞かれたりすることが増えた。
チャットボットは、新しいデジタルコミュニケーションツールとして進化してきている。

チャットボットの進化

チャットボットの進化は、AIの進化といっても良い。
IBM WatosonやGoogle Nowやcorton、Siriとグローバル企業における開発の歴史がある。
それが今、さらに進化のスピードをあげたのは、その技術がオープンプラットフォームかしていことにより
個人や法人の技術者がこぞって開発に乗り上げた。
またその流れをサービス企業としても後押しするように、日本ではLINEがMessangerアプリを活用したボットアワードを開催。
グランプリを取った&HANDのサービスは、障害者が困った際にLINEのメッセージ機能をつかって周りのサポーターに通知が
できるという新しいコミュニケーションツールであった。
また、チャットボットの導入も大手企業から行政、中小企業のサービス会社までどんどん広まっていってきている。
170322_line_03

チャットボットが担うユーザー体験

サービス開発においてユーザーにどう自社のサービスを快適に使ってもらう体験を提供するか?
その一つの答えが、チャットボットである。

チャットボットは、例えば「来週の19時に彼女とおしゃれなレストランでディナーを食べたい」とした時、
オススメの店舗や予約の取り方、そこに行くまでの経路や予算等を瞬時に出してくれる。
いままで自分で行っていた、何通りもの工程を一瞬で行ってくれる、その体験はとても強力である。

チャットボットの利用傾向は、今は検索に近いと言われている。
そこに必要なものは、狭く深いことである。
ユーザーは、即時に的確で必要な情報を返して欲しいというニーズがあり、そこの解決が一番重要である。
いわゆるend to endのサービスである。

AIは、そこで最も力を発揮するべきであり、もちろん入れる情報によっての正確性や網羅性がかわるので、
AIだから全てが万能ということではない。
ただ、昨今はSNS連携を行うことによりよりそのユーザーのパーソナリティを把握し、コミュニケーションの取り方
自体も変えることができるようにもなってきている。

企業におけるチャットボット利用

企業においてのチャットボットはも多数事例がある。

JALのチャットボット「マカナちゃん」

sh_makana_01
問い合わせFAQのデータを元にターゲットとする顧客を「ハワイ旅行を検討している赤ちゃん連れの家族」に絞り、「機内で赤ちゃんが泣いた場合の対処法は?」「現地でベビーカーをレンタルできますか?」といった質問に回答するものに決めた。

UNIQLO IQ

AIを用いたカスタマーサポートチャットボットで、ユーザーにオススメのコーディネートや現在のトレンドを教えてくれるというものです。

横浜市 Repl-AI

chat-reple
ゴミの分別を案内してくれるFAQチャットボット。「旦那を捨てたいんですけど…」というような回答が寄せられたことでも有名。

夢でしか体験できないことを実現するVR

VRが色々なメディアで取り上げられることも多くなった今、果たしてVRが私たちにもたらしてくれるものはなんだろうか?
VRが私たちにもたらしてくれるもの、それは「まったく新しい体験」の提供だと考えます。
VRは、特にエンターテイメントのところで私たちの日常を大きく変える可能性を持つようになるでしょう。

1.日常と非日常、時間と空間を超えた体験の提供

まずVRは、一瞬にして日常から非日常へ切り替わる。
例えばこんな体験は、どうだろう。
仕事でその日嫌なことがあって、とにかくむしゃくしゃしている。スカッとしたい。
じゃあ、スカイダイビングしよう! 

他にも世界の絶景をパラグライダーにのって体験したり、ちょっとみんなで恐怖体験したいなと思ったら、
300Mのビルの吊り橋をみんなで渡ったり、海に行きたいねじゃあVRでサーフィンしちゃう? 等々。

そこに、五感も含めた体験施設も出てきており、文字通り夢の体験、夢でしか実現できないようなことが
どんどん実現できる世界になっていっている。

2.VRがもたらす新しいコミュニティ

201710111601451000
VRチャットが非常に話題になっている。
仮想空間において、独自のキャラクターになり雲の上の空間でパーティーをしたり、入るたびに異なる世界が世界中のユーザーによって創造されている。
そこでは新しいコミュニティが生まれ、人々は新しいキャラクターで異世界に没入をしていっていきます。
そこで体験できることは、私たちの創造性をどんどん進化させていく可能性を大いに秘めてます。

VRチャット
http://store.steampowered.com/app/438100/VRChat/

3.アートとしてのVR

アートの世界でもVRは、取り入れられてきています。
仮想現実世界でのアート作品を作り、五感で感じるアート世界。没入感が強くその創造性をよりダイレクトに感じることができます。
ソニーデジタルエンターテイメントもVRアーティストの作品を公開するなど今後の新しい表現手法の一つにもなっていくと思われます。

VRギャラリー
http://vr-gallery.jp/vr/index.php

ビットコインは何がすごいの?

1.ビットコインは何がすごいのか

 ビットコインについて2018年1月時点でかなり一般の人にも浸透してきたと考える。
まずビットコインとは何か? という点だが、ポイントを絞ってみてみたい。

  • ・仮想通貨である
  • ・ビットコイン自体に価値は無い
  • ・ビットコインは、貨幣のような中央管理を行わない
  • ・取引についてはブロックチェーン技術が使われている
  • ・ブロックチェーンとは分散型ネットワーク管理である。
  • ・ビットコインの取引は、全て履歴管理されていてデータを確認できるため改ざんされにくい。
  • ・ビットコインは、技術的な信用価値とも言える。
  • ・ビットコインは、2,100万BTCと上限数が決まっている。
  • ・ビットコインは、蓄財ではなく投機と言える。
  • ・ビットコインは、貨幣に取って代わる可能性もあると一部では考えれている。

と色々ビットコインについては、特筆すべきことが多い。

その本質的な価値は、いったいどこにあるのか? という点では中央管理ではなく分散管理、
そしてそれぞれが貨幣(コイン)を生み出すことができるということである。
つまり、貨幣管理という国家の最重要事項を個人で行うことができる、これによって
ビットコインを元とした経済圏を構築することも可能であるということです。

2.ビットコインはバブルか?

 ビットコインについて昨今「何百倍上がった」「〇〇百万儲けた!」というような声が上がっています。
これについての議論の中心は、ビットコインを投資商品(投機)と考えている人になります。
ビットコインについては、かつてのチューリップバブルと同じ動きをしているという識者も多く、
突然一気に値下がりすることを指摘しています。
 おそらくそうなるのでしょうが、ビットコイン自体がそもそもなんなのか? ということを知らずして
儲かりそうという基準で、株も証券もやっていないまったくの素人が保険を解約してまで購入している
今バブルと言わずしてなんと言おうというところだと考えます。
 素人が、世間で噂をし始めたらバブルの終わりの始まりだということばもあるようです。

3.ビットコインの今後について

ビットコインについての今後については、「証券化」と「貨幣化」という2つがキーワードになりそうです。

証券化というのは、個人の持っている価値やスキルを交換しそれをビットコインで管理するという
サービスが出始めています。
貨幣化については、リアルマネーの代替にはなりえないという論調がいまのところ強いですが、
ビットコインを中心として新しい価値交換方式のベースになっていく可能性は考えれています。
この辺りは、まだまだ色々変化していくところかと思いますので、社会の中でどのように変わって
いくのかを見てみたいと思います。

AI(えーあい)AI(えーあい)って結局なんなの?

robot-2167836_1280
猫も杓子もAIの時代に入ってまいりました。
AIとの付き合いは、これからますます親密にそして加速していくことでしょうか。
では、そのAIって結局なんなの? ということを考えていきたい。

AIとは、目的に向かって、自分で考えて答えを出すコンピュータとその機能。しかも成長する。
つまりこれだということです。その中で、特に「自分で考えて答えを出す」能力が飛躍的に
上がったことがAIの進化の特徴と言えます。

AIの技術は、「機械学習」と「深層学習」

AIの発展は、マシンラーニング(機械学習)とディープラーニング(深層学習)という2つの技術と言われています。
機械学習は、特定の目的に対して最適解を出すことに特化した技術です。経路案内とかがそうですね。
それにしたい深層学習とは、人間のセンスや感覚までも判断できるようになる技術です。
この非常に複雑な問題までを処理できるようになることで人材のマッチング等でその人のポテンシャルや
将来性がわかるようになることもあります。

AIが発展することで失われる職種

20年後には、80%の仕事がなくなると言われている中で、特に事務処理系の仕事はAIに変わられるでしょう。
レポートをまとめておいてくれ、経理処理をしてくれなどは全てAIで正確に早く対応してくれるからです。
逆になくならない職業は、ホスピタリティ、クリテイィブ、マネジメント系と言われています。
医療業界の特に介護事業でもAIは大きく関わってくると言われています。
2040年に4000万人が高齢者になる日本では、高齢者の健康や行政についてもAIが
密接に関わってくると言われます。

AIが未来を予測する

AIは、未来予測を行うことが一つの大きな機能とも言われています。
医療の未来でもウェアラブルにAIを活用することによりビッグデータを解析し、
人体の体調を管理することにより健康状態を予測することも可能になる。
農業の中でもそれは活用されており、経験豊かな農業者の思考をAIに学習させることにより
収穫予想や生産性の向上に寄与できると考えられている。

システムズエンジニアリングを考える

システムと書くと、コンピュータのことでしょ? と言われることがほとんどと思う。

ただ、今回書いておきたいのは、あらゆる仕組みを考える際にベースとなるなるものがシステムであるということ。
JAXAの『システムズエンジニアリングの基本的な考え方』から見てみると、
「システムとは、ある目的を達成するために組織化された機能要素の集合であり、組織化により単なる
要素和以上の特性を発揮するものと定義される」とある。

そしてシステム開発においては、Vモデルといわれるもの分割と統合を表すものが通常使われる。
fig-torikumi
いわゆる上位のモデルに対してサブモデルがあり、サブモデルにたいしてコンポーネントがあるという分割を左側で行い、
実装段階で各モデルごとに統合を行っていき、検証を行うモデルとされる。

と、ここまで書いてきて、やっぱりシステムって難しい、と思われてしまうのではないかと思った。

ここで伝えたいことは、現在の世界の仕組みに対する一つの俯瞰的な視点として
システムエンジニアリングの考え方が役にたつということだ。

例えば、新商品・新サービスを考える時に、まずはユーザーニーズから立脚してコンセプトを考えたとしよう。

(例)「子供がどこでお金を使ったかわかるお財布」
このコンセプトを実現しようシステムエンジニアリングで考えてみよう。
上位システムは、お金の使用有無、タイミング、場所がわかること。
サブシステムは、GPS機能、財布を開いことを検知する機能、記録機能、通知機能等々が考えられる
コンポーネントとしては、上記を実現するために何を要素して取り入れる必要があるのかを考えていく。

つまり、新しいコンセプト設計やアイデア創出については、いわゆるデザイン思考等のイノベーティブなアプローチが
有効であり、それを高品質で確実に実現するために必要なアプローチがシステムエンジニアリングである。